忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




    ネタバレします

    ━━━




    ( ^ω^)「僕はサトシ君の綺麗な心です」









    どうせ規制も解除されておるまい、と覗いたVIPで、真っ先に目に飛び込んできました
    ああクソスレだ、と軽い気持ちで開くと、其処には素朴かつ純粋な物語が広がっていました。



    マスターベーションを極めにきわめてしまったブーンは、ある欲求を覚えます。
    それは男性なら誰もが求めること、


    『気持ちのいいセックスがしたい』







    医者のドクオと、二人三脚のようにブーンは『カッチカチのチンコ』の治療に励む
    それは、字面だけ聞くと酷く罰当たりな言葉のようだが、ブーンに限ってはそうではないのだ

    ひたすらに必死に気持ちのいいセックスのために努力をするブーンと、その周りの人々は、優しく、またとても純粋である。
    その様子が柔らかく意味の取りやすい地の文で描かれており、非常にさらさらと優しい気持ちで読むことができた




    始めは、なんてくだらないと一笑してしまうことだろう。
    だが不思議と読み進める内に薄ら笑いは消え、酷く真剣に読んでいる自分に気づくのだ。
    話が進むに釣れ、壮大になっていく物語は、あくまですべて、主人公のブーンが『気持ちのいいセックスをするため』だけに進んでいく
    そのクライマックスは静かで、感動的だ。


    安易なくだらないネタスレにしては酷く美しいラストシーンだったと、私は思う










    っていうか、なんかもうばかだよね
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    >っていうか、なんかもうばかだよね

    間違いないです。
    こんくりさん / 2010/02/26(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    よろしい、無題は戦争である。それが正解だ HOME なんかこう……無題のような……
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]