忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



    最近流行の十分で小説を書いてみように便乗して
    面倒くさいので格納はしません注意してください


    それでは、19:45からスタートしますよ






    ━━━━━


    地球を救うのは愛じゃないよな、と佐藤は言い放った。

    「おれはだから二十四時間うんたらが嫌いだよ」

    「……ああ、そう」

    買ったばかりのアイスクリームを頬張りながら、永田は眉を寄せた。季節はずれとなりつつある冷房の直撃が、アイスクリームを溶かそうとしていたからだ。
    コンビニの休憩スペースは、なんだか妙な生活感があって好きではなかった。

    「世界くらいなら救えるかもしんないけど、惑星は無理だろと思わないか?」

    「でかいもんなぁ」

    「そうだ、地球ってでかい!人が住んでない場所ってのは八割くらいあるだろ。人は愛で救えるとして、無人地帯をどうやって愛で救うのか、教えて欲しいテレビ局に!」

    佐藤は白玉善哉について来たスプーンを曲げながら、朗々と宣言する。
    「ケツ毛は愛で乗り越えられる」「声が良かったら一ヶ月は大丈夫」などという数々の名言を吐き出してきた二十三歳は、空っぽになったプラスチック容器に蓋をした。永田の手の中のアイスはまだ半分ほど残っている。別段永田が遅い訳ではなく、佐藤が飲み込むように善哉を食すから故生まれた時間差だった。

    「電話で聞いてみたらどうだ」

    人目をはばからない声の音量に、迷惑気な視線が飛んできやしないかと永田は危惧していたが、現時点では無用のようだった。

    「テレビ局ってフリーダイヤルかな?」

    佐藤は電話料金のことを危惧していた。
    本気でかけたらひどい迷惑だ、と遠回しにいさめる。





    ━━━━


    ここまで

    支離滅裂にもほどがある……
    手直しも何もしないとこんな酷い文が出来るのか、と少々勉強になりました。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    恋われたいようです HOME 無題は想像よもっと知りたくさせて
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]