忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    ネタバレます。


    ━━━━


    白くてまあるい、半透明の、足がたくさんあるくらげ。
    赤色でグロテスクで、太い四本の足しかない歪なくらげ。
    空気に流れて、水にながれて。
    自分で動いて、自分に動いて。

    くらげ、くらげ、くらげ
    どくん、どくん、どくん






    くらげは良いですよね。あれアメーバの親戚じゃねぇのとか言う奴は爆発しましょう。
    白くて半透明でふわふわ、浮いてるみたいに動くくらげというのは、なんと無く自由で縛られていないものの象徴のように思えます。


    どんな人とも仲良く出来て、それなのに自分を押し込めていない人っていうのは滅多に見えません。けれどこの作品のショボンは、少なくとも表面上から見ればそういうたぐいの人だったのでしょう。
    ブーンの「うまく空気に流れて、自分で動いている感じ」というのはそういう所からきてるんだと思います。


    イメージは、くらげ。

    くらげを彷彿とさせる人は、いつも飄々とのらりくらりとしていそうな気がします。自分の意志で、無理をせず、流れに乗って思うがままに。
    けれど、実の所くらげって流れに乗っているっていうよりも流されてるって感じがしますよね。思うが儘に、じゃなくて、そう見えるのは、ただ単に彼らが何も思っていないからじゃないの?という風に思います。調べたわけじゃあないんですが。
    だから、人みたいにくたくたと考えている生き物がくらげのように振る舞おうっていうのに無理があるんだと思います。吸って吐いたって人はくらげにはなれません。



    このショボンが何を考えてこういう行動に走ったのか、私には全く理解出来なかったので何かもさもさ考えてみましたが、やっぱりさっぱり理解出来ませんでした。
    物語の登場人物の行動を理解しようっていうのがどうかと言いますか。




    心臓とくらげ、言うほど似てないよなぁとは思いました。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    無題・自制・白血球 HOME 無題が無題がパンデミック!!!
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]