忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    ネタバレます

    ――――

    自殺志願者のドクオは、当たり前の如く自殺しようとして、自殺志願者卒業者(死的な意味で)の兄者を見つける。
    自称『天才科学者』のは瀬川の手によって、脳移植を施され、命以外の自分のもっていないものを持っている兄者の体を手に入れたドクオは兄者として生きる、ようです。



    すごい怖かったです。何でだろう。
    こういう精神と肉体がどうたらという話は、どう転んでもハッピーエンドにはならないんですかね……。
    両方生き延びたけれど、両方幸せじゃないエンドというか。
    まぁ脳味噌のみ、意識のみをその人本人だと断定していいのか私には分かりませんが。考える気がしねぇ。


    読んでいる途中で何かものすごい気分になりました。
    鏡に向かって「お前は誰だ」と行ってる時の感覚。と、思ったら同じような事をドクオがやってました。
    ゲシュタルト崩壊しちゃうので全うな思考が大事な人は真似しちゃだめですよ。
    ゲシュタルト崩壊であってんのかな。


    ドクオとしての意識が無いなら、エピローグのドクオはドクオじゃ無いと思う今日この頃です。
    脳味噌の意識は記憶含め外からの刺激によって作られるものだと思っているので、兄者として兄者の体を使っていてその上ドクオとしての最後のとっかかりの『記憶』がなくなったら、それはもうドクオの脳味噌じゃない気がする。

    だからと言って兄者の脳味噌という訳じゃないから、






    うん、訳が分かりません。
    ゲシュタルト崩壊怖いよゲシュタルト崩壊。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    スケッチブックが『無題』で埋まってく HOME 殺伐と仲良しなようです
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]