忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ネタバレます


    ━━━━

    「子供が出来たんだ」
    彼女はそう言った。僕は思わず取りこぼしたホッケを手でキャッチして、心の中で頂きますを言う。
    僕の為に腹を裂かれたホッケは旨かった。

    「どうするんだよ」
    居酒屋の喧噪が騒がしい。


    「世界はもう終わるのに」







    村上春樹を読んだ直後に読んだ所為なのか、やたら地の文がしっくりきていて、すらすら読めました。

    考えさせられる内容なのかもしれません。
    世界の終末モノには大概子供が出てきますが、世界が終わると分かっていて生んだ親はどうなんだと言う話、です。多分。


    世界の終わりを長いスパンで分かって見ている作品は少ないのでまぁなんというかかんというか何が言いたいのか分からん。
    ドクオとクーは良い選択をしたと私は思います。



    パイルパンカーで暴徒を撃ち殺す店長の図を想像して本気で吹いていたのは多分俺だけです。
    いや笑えませんが。




    ドクオの>「クーに頼もう」って台詞が妙に心に残りました。
    ああ、何か良いなぁこれ。軽いけどしっかりしていて良い。






    すっとんきょんにとても突っ込みたい。水を指すようでやりたくないけどとても突っ込みたい。




    子供を生むか生まないか、なんて薄っぺらい小説でありそうな話なのに、舞台背景一つで見方が変わるのってすごいなぁと思いました。
    いや嫌な意味じゃなくて。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    無題について本気出して考えた事なんて無い HOME 無題だよ無題だよって言ってる割には
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]