忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ネタバレます。


    ━━━━


    知ってるかい、江戸にゃあ兎がいるんだぜ
    団子目当てに飛び跳ね踊る物騒ォな兎さね

    築いた屍星の数
    悪党退治はお手の物

    え?
    詳しく知りたいって?
    しょうがねぇ、それじゃあ語ってしんぜよう
    その耳澄ましてようよう聞けよ

    話は江戸のとある団子屋の店先から始まるんさね……





    ブーン系小説の何が好きって、こういうときめく小説を読める所が好きなんです。
    ネットの掲示板、という状況だからこそある緊張感というか、紙面じゃ味わえない何かと言うか。まぁそんな物は置いておきまして。

    めっちゃくちゃ格好良いです。
    あれ、何なのこれ、何でこんなにときめいてるのってくらいです。江戸っ子口調。語り口。舞台背景。キャラクターとか。
    終始地の文が落語みたいに描かれているんですが、作者のレスも一貫してその口調のお陰で、本当に作者が唐傘男について語っているような気分になりました。
    江戸の町人にそれこそ団子屋の店先で話を聞いているんだ、というような妄想をしつつ読むと大変楽しいです。


    その落語調の語り口なんですが、これが嫌に格好良い。




    >唐傘広げて、背負いやす
    >
    >下駄がカランコロンと響きやす
    >
    >竹串口にくわえやす
    >
    >
    >ここに阿呆と馬鹿が競演ですぜ
    >
    >常識、理性、なんのその
    >
    >唐傘くるくる回れや、回れ
    >
    >阿呆の花道、彩れや
    >
    >
    >ほうら、馬鹿を助けに阿呆が行くぜ
    >


    とかもう、鳥肌です。
    惚れるぞ、おい。





    誰か落語にして聞かせて欲しい
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    無題~頭から離れない戦場のメリークリスマス~ HOME かぶりつけ無題に!
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]