忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ネタバレます。


    ━━━━



    僕らのバンドに世間が貼った呼び名は『鬱系バンド』だった。
    葬式みたいなデストルドーが漏れ出るその歌に賛同が集まった時、僕は知った。ああ、皆孤独を望んでいるんだ、と。

    ……本当に?







    地の文が独特で、個人的には少し理解し辛かったような気がします。荒廃した感じや逼迫感なんかはあまり感じられませんでした。
    が、有り余るくらい面白かったです。

    鬱系だとか、そういう風に表現されるひと達っていうのは生とか死とかについて悩んだ末にそういう風に呼ばれている訳で、この話のブーンも、『鬱系バンドのボーカリスト』だからこそという感じでした。
    自分が何が言いたいのか自分でわからないんですが。



    ブーンの一人称から静かにひたすらな感じが凄く伝わってきてよかったです。
    絶望からすぽんと出ている感じでした。



    ラストの爽やかさが凄く好きです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    モスト・ザ・無題 HOME 無題のばーすとうんたらかんたら
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]