忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    ネタバレます。


    ━━━━



    お江戸に勉強へ行っていた毒兄さんが帰ってきた
    そのお迎えにおおわらわの家の片隅で、しゅうは不思議な何かを見ていた

    ひらひらしている







    昔風味の、多分明治なんでしょうが、独特の文体が印象的でした。


    しゅう可愛いよしゅう



    子供の視点からまっすぐ見た事象、というか、語り部のしゅうの感情があまり感じられなかったのが気にかかりました
    しゅうの語りがなんだか凄く客観的で、子供独特のどこか醒めた視点みたいな


    その所為かなんだか童話のようで、古びた紙の匂いが漂ってくる感じ
    文体も、地の文が少な目で、ぱっと読めた後にじんわりと余韻が残って、すごく心地よかったです
    蚕ー
    不思議というか、懐かしい気分になれました

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    無題だいぶビックウェーブだった HOME アイラビュー、ナンバー090のようです
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]