忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ネタバレます。

    ――――

    ある日、ブーンは不思議な力を手に入れる。
    どう頭を捻っても役に立つとは思えない力は、どうやらブーンの周りの友人たちにも宿ったらしい。

    役立たずかどうかは、全て『認識』にかかっている。



    ツンの力が一番格好良いと思います。
    発動してる時の呟きが何か良い。

    それぞれの力が分かった時に何となく「応用出来そうな力だな」等と思っていたんですが、途中で「やっぱり無理か……」となって、最終的に斜め右上に応用されて「おおおおお」ってなりました。
    ドクオ何かは完全に予想の範疇を越えてました。


    未だにシャキンの力が今一分からない頭の悪い人間ですが。


    何となく分かってたんですが、前半パートのほのぼのが後半で崩れるのがこうも辛いとは思いませんでした。
    後半いっそ読むのが辛かったです。
    こうも読みたくなくなるっていうのは漂流とかと一緒で、読みたくないし読んでも絶対後味悪いのになぜか止まらない不思議ですね。

    話の内容をまとめると役に立つか立たないかは工夫次第、とか言う月並みな言葉になるのがなんともおかしなお話です。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    まるでそれは無題の如く HOME 無題の嵐
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]