忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    ネタバレます

    ――――

    しかしこれは感想を書く意味があるんだろうか。


    一度核の冬に見舞われ、徹底的に滅んだ世界。
    世界に名を轟かす天才として『冷凍保存』された内藤ホライゾンは、歩く意味を探し、ブーンとして旅をする。
    そしてたどり着いたところは、



    ドクオの話ですでに泣きそうになってました。
    神と一緒に死んでやるとかもう、おま、ドクオぉお!!

    こういう話は駄目だ……何かもうほんとう駄目だ。泣けるとかそれ以前に意味もなく自分が不甲斐なくてなんかもううがぁぁあってなります。

    キノの旅の某話は正直トラウマです。最後の最後までああなるんでないかと気が気じゃありませんでした。


    ちんことうんこさんには笑いました。しかし二度目のちんこには泣きそうになりました。

    ……何だこの字面。



    元から傑作と名高いため少々敬遠していたんですが、これは読んでおいて良かった。
    感動するという感じじゃあ有りません。個人的には爽やかというような話でも無いと思いますが、


    この気持ちは何だろう、というかんじです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ドクオが現実をスクゥようです HOME 熱喉鼻に無題が効くなんて気のせい
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]