忍者ブログ
ブーン系小説の感想を書いたり書かなかったり
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/14 (∵)]
    [09/07 (∵)]
    [03/28 名無し雲]
    [02/26 こんくり]
    [02/07 ぶ。]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    脳髄 サエル
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    プロフィール画像は通りすがりのビコーズさんに頂きました♪




    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    御題:女性だけを獣+人÷2にする実験
        氷水
        ゴキブリ

    1
    走馬燈というのは、くるくる回る。
    俺がこの世のすべての女性を獣+人÷2状態にするにはどうすれば良いか本気出して考えてる途中も、そいつの走馬燈は、くるくる回る。

    筈。

    ( ^ω^)「おっおっお、どっちだおー?」

    ('A`)「シロアリ」

    ( ^ω^)「おっ!」

    目を閉じたブーンが此方を向いて、ぴょんと段差を飛び降りる。
    たしん、と履き潰されたスニーカーが屋上のコンクリートに叩き付けられた。
    ぱちり、と瞳を開けてブーンは俺とドクオを見る。

    ( ^ω^)「おっおー!もう一回するお!」

    走馬燈ごっこ、と言うものを知っているだろうか。
    用意するものは、三階立てくらいの、屋上にでれて、転落用のフェンスなんかが無い建物、と暇人数名。
    一人が屋上の縁にたち、目を閉じてくるくる回って、もう一人に呼びかけてもらいそちらに向かって飛び降りる。
    すると、緊張で脳内麻薬が分泌されているため落下時間を長く感じ、屋上から転落したと錯覚した脳味噌が走馬燈を回し始める。
    が、走馬燈が回り始める頃には屋上の床に足が着く、という、ちょっと危ない遊びだ。

    それを、ブーンと俺とドクオはやっていた。

    3
    ( ^ω^)「どっちだお?」

    ('A`)「ムカデ」

    ( ^ω^)「おっ、おっ」

    たしん、とまたブーンが床に着地する。もいっかいもいっかいと縁に上って、またぐるぐるやりだした。
    くるくると回っている。

    ( ;^ω^)「ま、回りすぎて気持ち悪くなってきたお……どっちへ飛べばいいお?」

    さっきから害虫の名前でブーンに呼びかけていたドクオは、黙っている。
    呼ばないのか?と視線に込めて見遣っても、返答は無かった。
    黙って、何時も通りぼやっとした瞳でブーンを見ている。
    月明かりだけが嫌に眩しい屋上で、その目は酷く虚ろに見えた。
    ブーンは俺たちに背を向けて、虚空に向かって話しかけ続ける。

    ( ^ω^)「どっちだおー? 何か言えお。このまま飛んで良いのかお?」

    この遊びを始めたとき、直ぐさま失敗だと悟った。
    疑心暗鬼の緊張を利用した遊びだから、俺たち『友達』の言うことを全く疑わないブーンには全く通用しないのだ。
    何の緊張もなくドクオの呼び掛けの方に向かって飛び降りる。
    走馬燈は、見えていない。

     

    3
    ( ^ω^)「ドクオー?ジョルー?何か言えお、早くー。降りて良いのかおー?」

    痺れを切らしたのか、一歩、踏み出そうとする。
    やばい、落ちる。
    止めようと俺が走り出すと、後ろで静かな声がした。

    ('A`)「ゴキブリ」

    ドクオの声だった。壁に背中を付け、格好付けて腕を組んでいる。
      _
    ( ;゚∀゚)「落ちるぞ!」

    その声に釣られて、叫ぶ。

    ( ^ω^)「おっお」

    くるりと振り返ったブーンは、何時も通り笑っていた。
    目は、開いている。

    ( ^ω^)「ジョルが叫ぶから、吃驚して目ぇ開けちゃったお」

    ブーンがくるくると笑った。
    俺は氷水をぶっかけられたような気分でその様子を見ていた。ドクオも隣でため息を吐いている。
    月明かりに冷や汗が光っていた。
    ふらふらした足取りでブーンは此方に戻ってくる。


    4
    ( ^ω^)「これ詰まらんお。何が楽しいんだお?」
      _
    ( ゚∀゚)「お前が規格外なんだよ、色々と」

    ( ^ω^)「そうなのかお? って言うかドクオ、いちいち呼びかける言葉をゴキブリとかそんなんにすんなお」

    ('A`)「別にいいじゃん」

    いや良くないだろ、と思いつつドクオを見ると、「じゃあ次俺するわ」と腕を解いたところだった。
    え、何これ順番なの?
    この次は俺の番なの?

    ( ^ω^)「おっおー、任せとけお」

    ('A`)「おう」

    忍び込んだ学校の屋上、破れたフェンスの隙間に立ったドクオは、なんだか自殺志願者に見えた。
    もちろん靴は履いたままだけれど。

    くるくるふらふらと頭が揺れる。
    ドクオは踊りを踊るように段差の上でくるくると回る。
    五回を過ぎた辺りで俺はまた女性だけを獣+人(ryを考え出す。


    5
    ( ^ω^)「おっ、こっちだおー」

    見えていないと分かっているのに、ブーンはぶんぶんと両手を振りまくった。

    ('A`)「っほ」

    跳躍の音。

    ポケットに手を突っ込んだまま、たしんとドクオが床に降り立つ。
    ゆっくりと目を開いて、ぱちぱちと何度か瞬きをした。
      _
    ( ゚∀゚)「走馬燈、見えた?」

    ('A`)「みえんかった」

    ちくしょーつまらん、もっかいだもっかい、と段差を登り、くるくると回り出す。

    ( ^ω^)「こっちだおー」

    獣の種類は統一しようかどうかと言う思考に埋もれつつ、くるくると回る影を見つめて、

    ('A`)「あ」

    ( ^ω^)「あ」
      _
    ( ゚∀゚)「あ」

    人が消える瞬間を見た。


    6
    悲鳴の代わりに、どぐしゃ、と言う鈍い音が聞こえる。

    (;^ω^)「どどどドクオ?!」
      _
    ( ;゚∀゚)「……え?は?……え?!」

    ブーンが走り出す。それに釣られて走りながら、妙に冷静に救急車を呼ぼうか逃げようか下の其れを処理しようか、どれが一番楽な結果になるか、本気出して考えていた。
     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    川 ゚ -゚)鶏の鳥瞰のようです HOME 鶏の鳥瞰のようです
    Copyright © びっくり鈍器 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]